« 昼食は逗子で | トップページ | サドルバックと携帯工具 »

猿橋・松姫峠から奥多摩湖へ

Pb2603581

いつも同じような所ばかりを日を空けて走っているだけなので、今日は知らない道を走ってみたいなと。。。。

で、地図を見ながら思いついたのが、20号で猿橋まで行きそこから松姫峠を越え、少し下って鶴峠もと言う
分をわきまえないだいそれた行程 ^^;

ただ知らない道だし、ましては峠道どれだけ時間が掛かるのか。。。。
なので早起きして6時ちょっと過ぎには家を出て多摩サイを高尾に向けて走リ出す。

大垂水を越え、20号を相模湖沿いを猿橋に向かって走るがアップダウンが多い多い
相模湖の尻尾辺りでちょっと休憩、ツイターを見ると色々飛び交っているので混ぜてもらって朝の挨拶

20号は大型のダンプが多いし、アップダウンの繰り返しで道の選択間違えたかな等を思いながら、11時半頃猿橋到着!!

Pb2603602

綺麗な所ですね(^^)
そういえばココ前にも通ったなとふるい記憶が(笑)
その時は冨士道まで行けずに、道坂峠越えて道志道に出たんだっけ、今日も松姫越えられなかったどうしよう
でも、誰にも行き先言ってないし
(爆)
とりあえずコンビニ探して定番のコンビニランチ(汗)
予備の食い物も持って猿橋に戻り、松姫への道を登り始める

初めちょろちょろ中ぱっぱ!!
コレは飯の炊き方ですが、そんな感じで徐々にきつくなって来る
まだ峠の入り口には程遠いのに結構な勾配が襲ってきます。

Pb2603611

やっと途中にある、深城湖まで辿り着いた。
少し休んで出発!!

走りながらGPSを見ると道がクネクネとうねってる。
幾ら走っても、頂上は見えない、独りぼっちの時間だけが流れて行く
一人「もう少し足を早く回せませんか」「無理っす」などと声を出して走って気を紛らわす
(爆)
しっかし、キツイ!!普通に13%とかが何度も出てくるし(ー”ー;)
辛いのよ♪辛いのよ~♪@ピンカラ兄弟

クネクネ道も大分走ってきたし、そろそろ頂上に着いてもいい頃
次のカーブを曲がれば頂上かなと思いながらも、中々着かない
いやぁ、本当に長い登りです。


もう、ソロソロか、次のカーブを過ぎれば頂上かなと一人大きな声で「頂上はまだですかぁ」と叫んでみた(笑)
すると「まだだよ」
ドキッ!え?ビックリしてバックミラーを見るが誰も居ない
怖い!、脚の回転が上がる(爆)
カーブを曲がった所に林野庁?の人達数名がいて、その人達の1人が返事をしたらしい
恥ずかしい^^;
その人達に「ご苦労さん」とか声掛けられながら、まだ先だと言う頂上を目指す。


途中、見晴らしが良いので初めて停車!!

Pb2603641

途中、何度もへこたれて止まりそうになったけど、止まるとそこでダメになりそうで、ダラダラだがここまで登って来た。

Pb2603651

下に見えてる道登って来たんですね。
でも頂上はまだ見えて来ない トホホ

また頂上目指して走り出すが、ココから次のカーブを登った所が頂上でした(^^)

Pb2603661

長かったっすよ、もう登る足がないくらい疲労してます。
買って置いたオニギリとドリンクを食いながら休憩!!

当初の予定だと、このまま下って途中を右折して鶴峠も一緒に制覇などを思っていたのだが。。。
GPSを眺めてみるが、とてもとても
(笑)

Map1

いったい自分の脚をどれほどの物と思っていたんだかね(大汗)

松姫を下りだすが、もう日が西に傾いている上にこちら側は日陰じゃん、寒い!!!メチャ寒い
下っりながら、時折スゴイ急勾配の下りが出る
う~~ん、コチラから登ってもキツかったんだと一人納得(笑)
鶴峠への分岐を横目で見ながら、奥多摩湖へ向かいます。

Pb2603671

奥多摩湖で休憩!!
もう日没間際ですね、やはり峠で時間の食いすぎです。
後はこのまま羽村までだが、この道なら下り基調だし少しは足休めできるでしょ。

途中、コンビニで暖かい缶コーヒー等を補給しながら、8時50分に帰宅!!
修行の様な1日だったが、数日経つといい思い出になると良いな(^^)
しかし、もう少し早く登れないとダメですな
足が無い分29Tを着けちゃうかな(笑)




走行距離:211.77キロ
最高速度:55.7キロ
平均速度:18.9キロ
積算走行距離:7483キロ

走行時の最高高度:1174m
累積上昇高度:17941m
平均勾配:3%
最高勾配:21%

今回初めて走行時間なるものを気にしてみたが、走行時間11時間26分
どうなんでしょ、あと1時間位短縮できるといいのかも


軌跡

Map11

GPSのスイッチを入れ忘れ、20号に入ってからオンにしたので多摩サイから高尾・大垂水峠、相模湖辺りの軌跡はないです。


いつもありがとう♪
このブログはブログランキングに参加しています。

自転車ブログに参加しています、クリックをしてくれると画面の向こうで泣いて喜びます(^^)←今夜もポチッ!と宜しくお願いします。

人気ブログランキング参加中です、クリックをして頂けるとありがたいです

|

« 昼食は逗子で | トップページ | サドルバックと携帯工具 »

コメント

ご自宅から松姫峠、200km越えの日帰りですか?
さすが、超距離師匠の儀助さんです。
初長距離でのカンパのインプレはいかがだったでしょうか?

私の自宅からでも140kmほどでしたが、
あまりの峠の登りの長さとキツサに家に着いたら動けませんでした。
途中の深城湖から山に入っていってきつくなりますよね。

お疲れ様でした。

投稿: くろうさぎ | 2011.11.27 18:16

こんばんは(^^)

こりゃまたガッツリ走られましたね。
これだけ上って距離も211kmっすか(゜o゜)
日が短くなったからロングはムリかと思ってしまうのですが、師匠を見習わなければ・・・

登坂途中の景色、いいですね!
上ってきたぞーって気になれそう。
峠の石碑もスポットライトが当っていい具合です(・∀・)イイ!

投稿: HIDE | 2011.11.27 22:20

やはり、表からはきつそうですね!!

前回、鶴峠経由で裏から登ったんですが、
一度、表からと思いつつ、未だに行けていません。

日が短くなって、日が暮れて走れるのは苦手なので
来年行ってみようかと。。

投稿: Siru | 2011.11.28 08:20

さすが師匠この時期でもあちこちの峠含みでその距離とは(・_・;)やっぱりロングのお師匠様です。
僕なんか昨日峠2つ越えたら脚も心も売り切れて即帰ってきちゃいました(笑)

>次のカーブを過ぎれば頂上かなと一人大きな声で「頂上はまだですかぁ」と叫んでみた(笑)

すごくよくわかります。
でも、さすがに返事されたことはないです(笑)
怖すぎますw

本当にお疲れ様でした。

投稿: みっちー | 2011.11.28 10:20

 こんにちは^^

 さすがロングの師匠。
 こんなキツい峠を越えて、200km超…
 

 すんごいトコですネ。
 画像の標高差が高すぎます。
 これは振り向いて写真の一枚でも撮りたくなりますよネ。
 さらに紅葉であれば、最高だったのでしょうが、このあたりはもう終わってたんですか?

 LOOKもカンパになってから、ますます酷使されてるみたいですネ(笑)

投稿: こた | 2011.11.28 12:33

すごっ
思いついたように200kmっすか(>_<)
しかも独り言に返事を返されるとはっ(笑)
今日から僕も師匠と呼ばさせて頂きます(^o^)

投稿: よしあき | 2011.11.28 19:17

こんばんは。

松姫は先を越されちゃいました、今度攻略法を伝授して下さい(笑)。

標高が高いのでさすが景色は抜群ですね。
峠の碑文もあるし、来年は登りたいな~。

大分お疲れになった事でしょうから、ゆっくり体を労って下さいませ。

そして次は鶴峠に♪

投稿: nebochito | 2011.11.28 19:24

◆くろうさぎさん コメントありがとうございます。

>ご自宅から松姫峠、200km越えの日帰りですか?
さすが、超距離師匠の儀助さんです。

距離は差ほどでもなかったですね、奥多摩湖経由で211とは想像より少なかったですよ。
ただ20号のアップダウンの後に峠道はね(笑)


>初長距離でのカンパのインプレはいかがだったでしょうか?

別段ないです(爆)
俺程度には十分満足できますが

>私の自宅からでも140kmほどでしたが、
あまりの峠の登りの長さとキツサに家に着いたら動けませんでした。
途中の深城湖から山に入っていってきつくなりますよね。

距離は確かに長いですね。
お陰で久々に筋肉痛です(爆)
鶴峠回っていれば距離も少なくって済んだのでしょうが、脚がないのが。。。。。


>お疲れ様でした。

アザッス(^^)


-----------------------------------
◆HIDEさん コメントありがとうございます。

>こんばんは(^^)

こんばんは(^^)

>こりゃまたガッツリ走られましたね。
これだけ上って距離も211kmっすか(゜o゜)

ってか当初の予定だった鶴峠が登れないので距離に反映してしまったと言う情けない話です(汗)


>日が短くなったからロングはムリかと思ってしまうのですが、師匠を見習わなければ・・・

暗くなるのが早いと言うデメリットがありますが、無駄に大汗かかずに済むし、ロングは今が旬かもしれませんぞ(笑)


>登坂途中の景色、いいですね!
上ってきたぞーって気になれそう。

うんうん、これを見たいから登っているわけで、これだけが救いかもしれませんね(^^)


>峠の石碑もスポットライトが当っていい具合です(・∀・)イイ!

スポットライトに~てらされて~♪
かぶりつきのHIDEさん ハイよく見てね
七色のバタフライ(爆)

って鶯谷ミュージックホールでしたっけ
笑福亭鶴光(爆)
http://www.youtube.com/watch?v=M9dNmRF_22M

-----------------------------------
◆Siruさん コメントありがとうございます。

>やはり、表からはきつそうですね!!

う~~んどうなんでしょね
鶴に向かって下った感じでは、急勾配は表のほうが幾らか多いかもしれません
ってか猿橋だと距離が長いっすよね


>前回、鶴峠経由で裏から登ったんですが、
一度、表からと思いつつ、未だに行けていません。

鶴峠登ったんですね、俺もいつか登ってみたいですが、下ったらそのまま奥多摩湖に消えます
(笑)

>日が短くなって、日が暮れて走れるのは苦手なので来年行ってみようかと。。

確かに峠で日没は勘弁ですね。
俺もライトオン走行は苦手ですが、暑くない分楽かなと言う気もします(笑)


-----------------------------------
◆みっちーさん コメントありがとうございます。

>さすが師匠この時期でもあちこちの峠含みでその距離とは(・_・;)やっぱりロングのお師匠様です。

いやぁ~(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
(爆)


>僕なんか昨日峠2つ越えたら脚も心も売り切れて即帰ってきちゃいました(笑)

記事読みましたよ、満足の1日だったようですね
峠2つ越えれば十分でしょ(^^)


>すごくよくわかります。
でも、さすがに返事されたことはないです(笑)
怖すぎますw

(爆)誰にも会わなかったのでココは誰も居ないと思ってたし(汗)
イヤ!その時は頭の芯から体中に一本ヒヤ~とした物が流れました。
へたれていた脚がクルクル回った自分にも驚きましたが(爆)


>本当にお疲れ様でした。

あざっす(^^)


-----------------------------------
◆こたさん コメントありがとうございます。

>こんにちは^^

こんばんは(^^)

>さすがロングの師匠。
こんなキツい峠を越えて、200km超…

てっちゃんには前日に、1000メーター越えと読まれてましたけど(笑)
次はもっとひっくい峠にしようかな(笑)
 

>すんごいトコですネ。
画像の標高差が高すぎます。
これは振り向いて写真の一枚でも撮りたくなりますよネ。

標高1240mだったかな、松姫様が逃げた道とか
本当かな、松姫様はクライマーだったのか(爆)

その分見晴らしがよくって何よりのご褒美でしたけどね(^^)


>さらに紅葉であれば、最高だったのでしょうが、このあたりはもう終わってたんですか?

俺も紅葉はあてにしてたんですがね
もう終わったみたい、もう普通に町まで来てますからね


>LOOKもカンパになってから、ますます酷使されてるみたいですネ(笑)

(爆)
労わっていい景色見せにいってるんですよ
(笑)

-----------------------------------
◆よしあきさん コメントありがとうございます。


>すごっ
思いついたように200kmっすか(>_<)

な・何を言っちゃてるんですか(笑)
前日に綿密な計画の元にですよ
で、欲張りすぎて鶴峠は無理だったと言う(爆)

>しかも独り言に返事を返されるとはっ(笑)
今日から僕も師匠と呼ばさせて頂きます(^o^)

いやはや、お恥ずかしい限りですわ
きっと赤い顔で林野作業の人の間を走って抜けたとおもう(笑)


-----------------------------------
◆nebochitoさん コメントありがとうございます。

>こんばんは。

こんばんは(^^)


>松姫は先を越されちゃいました、今度攻略法を伝授して下さい(笑)。

ありゃりゃ、お先でしたか
これは出すぎた真似を致しまして、も・申し訳ありません
(爆)


>標高が高いのでさすが景色は抜群ですね。

ですね、頂上手前からの見下ろしは最高でしたよ
是非是非!!


>峠の碑文もあるし、来年は登りたいな~。

そうそう(^^)
スポットライトも当るし(笑)
レッツゴーミュージックです
(爆)


>大分お疲れになった事でしょうから、ゆっくり体を労って下さいませ。

久々に筋肉痛になっちゃいましたからね
明日は峠登って脚を癒してきますね
(爆)


>そして次は鶴峠に♪

いつかは鶴いってみたいですね
下ってからのコースで悩みそうです。

投稿: 儀助 | 2011.11.29 01:41

この記事へのコメントは終了しました。

« 昼食は逗子で | トップページ | サドルバックと携帯工具 »