« 夏の日差しの様な多摩サイポタ | トップページ | 親父のたわごと »

パンクの話

この間の駒沢公園ポタの時にパンクをしたダホンの話だが。。。。
その時、パンクはチューブの内側(リム側)でイージーパッチで応急処置をしたのだが、やはり内側なので空気圧(3、5bar~4bar手前位)を掛けるとパッチが飛んでしまう。
程ほどでやめて、乗って走っても空気が抜けると言う事があって、イージーパッチでの応急処置は出来ずに、駒沢公園側の自転車屋に持ち込んでパンク修理を頼んだ。

いつもなら予備チューブを持って居るのだが、この日に限って持って行かなかったのも悪いのだが。。。。^^;(得てしてこんなもんです、パンクって・笑)

パンク箇所が内側だったので、もしかしたらリムテープに小さな穴でもと言う疑いが頭をよぎり、よくママチャリに使うビニールテープの様なリームテープを用心の為巻いて貰い帰ってきた。
別にそのリムテープでも悪くはないが、やはり見た目?(見えないけど)も気になるのでパナレーサーのリムテープを買ってきた。

80627

チューブはポタから帰って来て手持ちの予備チューブと交換したため、新に予備として購入

806271

応急処置的に巻いてもらったリムテープ
本当はもう少し綺麗に巻いてあったのだが、写す前に少し剥がしてしまった(爆)

806272

新たに着けたパナレーサーのリムテープ
中々綺麗な色です^^

しかし、ダホンのリムテープは昨年の4月に交換したばかり
まぁ、当り外れもあるので、仕方ないだろうが。。。。
今回、古いリムテープを見た時も差ほど穴跡も出てないのだが裏側にはかなりキツイ跡が付いていた。
リム自体の穴処理にも原因はあるのかもな。。。。
一応気になる所は軽くヤスリを入れておいた。

やる事はやってパンク大魔王には他所へ行ってもらわないと(爆)


いつもありがとう♪
このブログはブログランキングに参加しています。


自転車ブログに参加しています、クリックをしてくれると画面の向こうで泣いて喜びます(^^)←今日もポチッとよろしくお願いします。

人気ブログランキング参加中です、クリックをして頂けるとありがたいです

|

« 夏の日差しの様な多摩サイポタ | トップページ | 親父のたわごと »

コメント

このパナのリムテープは、私も愛用してます。
ゴム製に比べ、60%軽量とか。
でも、幅が二種類あり(15mm、18mm)どちらも
中途半端なような・・・(16mm位がいいのですが)
自転車屋さんに聞いても、リムに対して両端が
空かなければいいと言うのですが・・・。

投稿: ちゃりばか | 2008.06.27 09:36

今までリムテープにしてもチューブにしても結構無頓着に適当に選んでるのですが、違いはよくわかってません 汗
スポーク穴がチューブを傷つけないよう直接触れない為のクッション的なものなのカナ??と勝手に思い込んでますが正式な役目って何なのですか??^^;


パンク大魔王はジョーカーですな、次は誰が引くんだろ??(笑)

投稿: fumi吉 | 2008.06.27 10:16

こんにちは。

お久しぶりです!

パンクの原因がリムテープと言うこともあるんですね。
先日,1回パンクしたのですが,いくら丁寧にタイヤ側を調べても,
なんの異物も発見できませんでした。

「チューブが破裂した勢いで飛んでいったのかな?」

と思っていたのですが,内側も危ないかもしれないのですね。

そもそも,パンク初心者(?)なので,
外したチューブをさっさと捨ててしまうところがダメなんでしょうね。
チューブの穴から場所を探らないと・・。

今週末,僕もリムテープを調べてみます~
やっぱり,やれることはやっておかないと,ですね。

投稿: Shiro | 2008.06.28 05:46

パンク大魔王ですか(^^
私は、パンクをしばらくしてないので、そろそろ恋しくなる時期です(笑)
リムテープかぁ~、ちょっと自分も気になりました。。。今度パンクしたときにでも診てみます。

トップページのイメージ変わりましたね!
江ノ島ですね。ついこの前、私もそのベンチに座っておりました(^^

というか、よく境川を走っていらっしゃるようなので、実はどこかですれ違っているかもしれませんね。

投稿: tai | 2008.06.28 20:43

こんばんは。
去年の今頃リムテープでパンクして約1年の今日タイヤ交換したのですが、パナのリムテープを交換しようか悩みました。
リム穴付近は凹んでましたが、とりあえずは大丈夫かなと‥。
痛んでなくともリムテープは安価なので定期的に交換したほうがいいのでしょうね。
パンク大魔王うちには来ませんように‥(爆)

投稿: kazu | 2008.06.28 22:27

◆ちゃりばかさん こんばんは
確かに、ホイールの溝にピッタリ嵌る方が、交換しても納得しますね。
でも、中々そう都合いい幅はねぇ(笑)
穴さえふさがっていれば問題ないようだし、ご存知かもしれませんが、今は穴にはまるキャップと言うのも有るようで、それだとさらに軽量だそうですが。。。。
参考までに↓
http://www.cycle-yoshida.com/tak21/velocity/rim/6v_plug_page.htm

-----------------------------------
◆fumi吉さん こんばんは
fumi吉さんが書いた通り、チューブに直接ホイールの穴が当りチューブを傷つけるのを防ぐ為でしょう。
穴さえ塞げばいいのだけど、やはり見た目も気にあるますからね(笑)

ジョーカは誰が引く事になるのでしょうね(笑)
ちょっとワクワクしますね^^;(爆)

-----------------------------------
◆Shiroさん こんばんは
こちらこそ、ご無沙汰しています。
パンク初心者って^^;(笑)
みんなパンク初心者でいたい所ですね。

リームテープが古くなって、穴に当っているところが切れ、そこにチューブが当ってパンクと言うのを経験してます。
リムテープは穴跡がくっきりしたら交換したほうが無難ですね。
やることやってパンクされるともっと悩みますけどね^^;(笑)

-----------------------------------
◆taiさん こんばんは
こんな時でもないとリムテープに目をむけるチャンスもないでの転ばぬ先の杖ですかね(笑)
でも、ダホンのリム自体の穴処理も少し荒い気がします、そのせいで痛みも早かったのではおもってますが。。。。
境川はそれほど頻繁には行ってませんよ(笑)
境川でKHSを見た記憶は2度
一度はその方と話をしましたけどF20RA海苔でしたね

-----------------------------------
◆kazuさん こんばんは
チェーンは5000キロが目安とか言われてますが、リムテープは目安が何時とか聞きませんね。
やはりチェーンと同じ位で交換しておいた方が無難でしょうかね。
それとも穴跡を目安で交換とかやはり、自分なりの時期を持って方がよさそうですね(笑)

パンク大魔王、誰の所に行くのでしょうね~
もし、行っちゃたらゴメンですね(爆)

投稿: 儀助 | 2008.06.29 00:10

はじめまして

当方、昨年DAHON SPEED P8を購入しました。
最近、どうも長距離に使用すると一定スピードをKEEPするのをつらく感じます。
写真を拝見しまして、私のP8(ビックアップル)よりタイヤが細く感じられます。
使用されていますタイヤを紹介ください。
また、他に推奨されるタイヤがございましたらアドバイスくだされば幸いです。

投稿: テリー家 | 2010.04.26 22:41

テリー家さん コメントありがとうございます。

>はじめまして

初めまして ようこそ(^^)

>当方、昨年DAHON SPEED P8を購入しました。
最近、どうも長距離に使用すると一定スピードをKEEPするのをつらく感じます。

元々小径は回し続けねばならないから、速度維持はちょっと辛く感じますよね

>写真を拝見しまして、私のP8(ビックアップル)よりタイヤが細く感じられます。

ビッグアップルは街乗りとかには柔らかくって良いですよね、歩道の段差などでも楽ですし
でも、換えちゃいました(笑)


>使用されていますタイヤを紹介ください。
また、他に推奨されるタイヤがございましたらアドバイスくだされば幸いです。


今履いているのは、シュワルベMARATHON slickの20x1.35と言うタイヤですが
大分前に買ったので今もあるのか。。。。
サイクルベースあさひを見ても載ってないですね

今、サイクルベースあさひの中から似た物を選ぶと
シュワルベのKOJAK ケブラービード サイズ:20x1.35[35-406]
か、同じシュワルベMARATHON-PLUS ワイヤービード サイズ:20x1.35[35-406]と思いますが、後者の方はタイヤに溝があるので見た目の好みによりますね

他に1.35近辺の太さが良い様に思うので、パナのミニッツ-ライト アラミドビード サイズ:20x1.25[32-406]辺りでも良いかと

今DAHONは近所の街乗りと通勤程度にしか使っていませんので、タイヤの情報を持っていません。

ご存知だと思いますが小径のタイヤには406のHE規格と451のwo規格の2種類の径があります、DAHONだと406なのでその中から、好みのメーカーと太さの好みで選べば、どれでもそんなに遜色はないのではないでしょうか



投稿: 儀助 | 2010.04.27 00:22

この記事へのコメントは終了しました。

« 夏の日差しの様な多摩サイポタ | トップページ | 親父のたわごと »