« 3連休 3日目終わり | トップページ | 岡田家長屋門 »

耳をすませば

スタジオジブリの映画「耳をすませば」の舞台となった坂だと言われてる「いろは坂」に行って来た。
地図で見てもかなりの坂だったので有る程度は予想してたが、「キツイ!」途中何度か、ロード海苔の人に抜かれながらも上まで漕いで登っては来た。
頂上少し手前に関戸城址の天守台と言う碑があり昔は城があったんだぁと初めて知る俺。
609032
頂上まで登りきると少し下がる様に先に進み、ロータリーとなる、そこの公園で一休みして、戻る事にした
60903
坂の途中ある標識、他にも数箇所同じ様な標識があった。

標識の所から見た坂、こんな右カーブや左カーブの坂がいろはの文字の様にあるからいろは坂と言うらしいがどれが「い」か「ろ」か俺には分からない(笑)
坂の途中にも公園があり聖蹟桜ヶ丘の風景を一望出来るが、行ったのが昼間だったので、いまいちだった、夕方なら綺麗だと思うが。。。
アニメの中で雫が言う秘密の場所だが、俺には見つけられず、本当にあるのか?
609031
多摩川CRまで戻り、その後アチコチふらふらして六郷まで行き用事を済ませ、ついでに羽田まで足を伸ばし、帰路に着いた

走行距離:83.77
平均速度:19.1
総走行距離:546.0

|

« 3連休 3日目終わり | トップページ | 岡田家長屋門 »

コメント

おはようございます。356です。
おおお こんなところにいろは坂なんてあるんですね。
知らなかった。
日光に行ったのかとおもいました。
峠攻めの準備ですか?。

投稿: ito356 | 2006.09.04 06:08

初めまして。おはようございます☆
コメントに釣られて早速やってきました。
自転車満載のブログですね。今からお仕事なのでまた後でお邪魔したいと思います☆
取り急ぎご挨拶でした。

投稿: サキスケ | 2006.09.04 08:32

儀ちゃん、こんばんは。
いろは坂なかなか厳しそうですね。
それにしてもいろは坂通りという名称なんですね。
最近は近場ばかりなので、多摩CR経由でいろは坂行かなければなりません。
ちなみに、耳をすませばはまだ見ておりません(^^;

投稿: kazu | 2006.09.04 21:10

itoさん こんばんは

いろは坂、良い所ですよ~(笑)
聖蹟桜ヶ丘駅のまん前から伸びる道でお手ごろポタコースですね、登りでヒーヒー言った分、下りは最高でした。
両側を木立に囲まれて雰囲気のある坂です!
下りだけの峠があれば攻めてみたいですが。。。(笑)


サキスケさん こんばんは

ようこそ、いらっしゃいませ
自転車にはまって1年ちょっとのオヤジです、ネタに詰まりながらも近場をアチコチ走っています。
自転車ネタや日々他愛ない事ばかりですが、これからもよろしくお願いします。

kazuさん こんばんは

いろは坂通りって言うのが本来の呼び名のようです
ちょっと奇異に感じましたね(笑)
行った日曜日はロードの人、数人が登っては下りるを何度か繰り返していましたよ、俺は1度登ってヘロヘロでしたが^^;
まだ見て無いとな?見てから行くともっと良いかも(笑)

投稿: 儀ちゃん | 2006.09.04 21:42

こんばんは。
あの坂、映画の影響で、一度は走ってみたいと思っているのですが、結構きつそうなんですね。
車の量は気にならないですか?
あの歌がぐるぐる頭の中をまわりませんでしたか?
「カントリーロード」ならぬ「コンクリートロード♪~」でしたっけ???(笑)

投稿: トマト | 2006.09.05 02:06

たびたびすみません。儀ちゃんでしたね。
私、「僕ちゃん」と読み間違えていたことに
今頃気がつきました。大変失礼いたしました(深謝)

投稿: トマト | 2006.09.05 03:15

トマトさん こんばんは
いろは坂通りはかなりキツイです。
足を付かずに登りきりたい一心で、何も考えず漕ぐのが精一杯状態です。
下りはカーブの手前にマンホールの蓋が2個あったりで、乗ると滑るかもと言うのが頭の中を過ぎりました。
車の量はどうでしょかね、行った日は差ほど多くは無かったですよ。
僕ちゃんではなく儀ちゃんなのでよろしく

投稿: 儀ちゃん | 2006.09.06 22:48

初めまして。
そんなモデルの坂があるんですね。
しかも自転車でなんてまるで映画のようですね。
羨ましいなぁ

投稿: mi | 2006.09.28 16:04

miさん こんばんは初めまして
自転車で漕いで登るには結構キツイ坂ですよ。
静かな住宅地で上から見た風景はよかったですが。

投稿: 儀ちゃん | 2006.09.28 23:31

この記事へのコメントは終了しました。

« 3連休 3日目終わり | トップページ | 岡田家長屋門 »